体に優しい睡眠法

睡眠に良い食べ物

睡眠に良い食べ物には、眠りを誘う食べ物と目覚めを良くする食べ物があります。

これら睡眠に良い食べ物の効果には、疲労回復・美肌・集中力を高めるなどいろんな相乗効果があります。

食生活を見直して睡眠だけでなく、1日を質の良いものにしてみると一石二鳥です。

ストレスってなんだろう?

すんなりと寝つくには、リラックスすることから始めましょう。

   

カルシウム

カルシウムが不足すると神経過敏になって寝つきが悪くなってしまいます。

カルシウムが豊富な乳製品・大豆製品で気持ちを落ち着かせましょう。

パントテン酸

たらこ

ストレスに強く、疲れにくくしてくれるので、不眠症に良いとされています。

レバー類・たらこ・干ししいたけなどに多く含まれています。

ビタミンCやビタミンEと摂ると効果がアップします。


ハーブティー

ハーブティー

リラックス効果のあるハーブティーにはラベンダー・カモミール・ローズなどがあります。これらの香りをアロマテラピーに使っても効果があります。

また、目覚めに良いハーブティーには、ペパーミント・ジャスミン・ローズマリー・レモングラスなどがあります。

睡眠を誘う食べ物

ぐっすり眠るには、睡眠を促すホルモンの分泌が大切です。

メラトニン

睡眠のホルモンとして知られるメラトニンは、多くの食べ物に含まれています。メ

ラトニンは、体内時計を調節する働きがあります。メラトニンが豊富な食べ物には、オーツ麦・スイートコーン・米・かいわれ大根などがあります。

トリプトファン

バナナ

バナナや牛乳に含まれるトリプトファンというアミノ酸は、睡眠を誘うセロトニンというホルモンを作り出します。

バナナや牛乳は相性が良いので、両方使った食べ物は最強ですね。大豆製品やはちみつにも多く含まれています。

硫化アリル

たまねぎ・にら・長ネギに多く含まれる硫化アリルは、疲労回復に効果があります。硫化アリルは疲労回復に効果があるビタミンB1の吸収を高めてくれます。

ビタミンB1が豊富な食べ物には、豚肉・海苔・大豆製品・ナッツ類などがあります。

ラクッコピコリン

レタス

レタスに多く含まれているラクッコピコリンには、神経を鎮めたり眠気を誘う効果があります。

ラクッコピコリンは、睡眠に関わるセロトニンやメラトニンといったホルモンと同じ働きをします。特に芯の部分にたくさん含まれていて、即効性があるので試してみては?

目覚めに良い食べ物

朝、目覚めすっきりにして元気になれるのはこんな食べ物です。

ブドウ糖

朝はブドウ糖が欠乏している状態です。ブドウ糖が不足していると脳が働きません。

ブドウ糖はご飯やパンなどの炭水化物に含まれています。ビタミンB1を合わせて摂るとエネルギーに変換されやすくなります。

ビタミンB12

ビタミンB12には、体内時計を正常にする働きがあり、睡眠障害に効果があります。

ビタミンB12が豊富な食べ物には、レバー類・しじみ・あさり・海苔などがあります。

睡眠に良い食べ物

簡単なストレッチ

朝食

短時間睡眠や朝型タイプの眠りの人は、朝食を食べています。朝食を食べない人が増えているといわれていますが、朝食を食べないと体温が上がらないので、エネルギー不足で活動できません。朝食を食べないといらいらしたり体がだるくなってしまいます。

噛むことで脳の働きを活発にして、ストレス解消にもなります。時間がなくても何かを口にするだけでだいぶ違いますよ。

食事を摂る時間

夕食は眠る3〜4時間前に済ませましょう。消化に時間がかかる食べ物は、夜遅くに食べると胃が活発になって眠れなくなります。

それに、あまり遅い時間に食べると胃もたれしてしまいます。

食べ物の選び方

最近話題のマクロビオティックでは食べ物には陰陽があると考えられています。体質にも暑がりな人や寒がりな人がいるように、食べ物にも体を温める食べ物と冷やす食べ物があります。

なすやトマトなど暖かい地域の食べ物は体を冷やし、にんじんやごぼうなど寒い地域の食べ物は体を温めます。体を中庸にするのを目的とし、体質や体調に合わせて食べ物を選んでいくのもひとつの方法です。


▲ ページの上部に戻る