体に優しい睡眠法

快眠グッズ

どこにでも売っていそうなもの、思わず使いたくなるものを中心に説明したいと思います。

健康グッズを扱うお店では、ひのき・炭・竹・ゲルマニウムといった素材のたくさんの快眠グッズが並んでいます。でも健康に疎い私としては、本当に効果があるのか解らず、何となく買いにくいんです。

熟睡したい・昼寝・仮眠をとりたい

ごろ寝マット

い草やパウダービーズ、低反発などの素材で、全身を支えてくれます。

枕とマットが一緒になったごろ寝マットもあります。

耳栓

耳栓

生活リズムの異なる家族と眠るとき、いびきが気になるとき、仮眠を取るときなどに便利なのが耳栓です。普通は耳の穴の大きさに合わせて選びますが、どんなサイズにも合うやわらかい耳栓もあります。

ひもつきやひもなし、ヘッドフォンタイプのイヤーマフもあります。

アイピロー

睡眠の環境が整わない、明るい場所で眠ることもあります。アイピローはアイマスクよりやわらかく、疲れた目を癒してくれます。

夏はひんやり、冬はあたたかくできるジェルの入ったアイピローや優しいハーブの香りがするアイピローもあります。

足枕(フットピロー)

足首を支えるリング型は足が自由に動くのですが、寝ている間気になることがあります。

足が自然な形で置けるような波型もあります。このタイプならふくらはぎやふとももなど好きな位置にセットできます。

いびきを解消したい

いびき対策枕

普通の平らな枕をベースに、中央を盛り上がるように作っている枕です。自然と横向きになって、気道を確保します。

いびきストッパー

いびきをかいたときに音に反応して安全な電流を流す道具です。手首に巻いたり、枕元にセットして使います。

いびき対策枕同様、眠るときの姿勢を変えて気道を確保しようというもので、いびきを根本から解消するものではありません。

マウスピース

マウスピースは睡眠時無呼吸症候群の治療や歯並び・歯軋りの予防にも使われます。

夏の睡眠

アイスノン

冷凍庫で冷やすアイスノンは便利なので、風邪をひいたときに水枕の代わりによく使っていました。

おでこ用や子供用など、いろんな種類のアイスノンが登場し、今は凍らせてもやわらかい感触のアイスノンができました。

氷嚢(ひょうのう)

薬局で売っている、昔よく見かけた氷の袋です。氷嚢は小さいので、暑い夏に持ち歩くこともできます。

除湿シート

敷布団やベッドパットの下に敷いて使います。

汗や湿気をどんどん吸い取ってくれるので夏は特に便利です。

冬の睡眠

電気毛布

電気毛布は掛け毛布・敷き毛布・両用タイプがあります。

毛布を何枚もかけないと眠れないという人は掛け毛布を、寝相が悪いという人は敷き毛布を使ってみる価値あります。

湯タンポ

湯タンポ

湯たんぽは電気を使わないので、体に優しいイメージがあります。お湯を入れて長時間保温効果のある湯たんぽですが、レンジで温めるだけの湯たんぽもあります。

直接触れると低温やけどを起こすことがあるので、カバーをかけます。プラスチック製やトタン製の湯たんぽならカバーでごつごつした感触を和らげることができます。硬い感触は眠れなくなるので、ゴム製などやわらかい湯たんぽがおすすめです。

あんか

昔は炭を使っていましたが、今では電気が主流です。大きさも薄く、小さくなったりやわらかくなって、使いやすくなりました。

充電式はコードがなくなって持ち運びがしやすいです。寒い部屋で勉強するときも、足腰に使えます。

ベッドにこだわりたい

エアーベッド

狭い部屋で使うとき、急なお客様が来たときに便利といわれるエアーベッドは、好きなところに設置できる優れものです。

マッサージ機能のついたエアーベッドは、自然と寝る姿勢になれるので楽になります。

すのこベッド

すのこ

押入れ収納にも使われるすのこは、吸湿性に優れています。そのままベッドにしたすのこベッドは、汗や湿気を逃してくれます。

折りたたみのリクライニング機能があれば、お年寄りにも便利ですね。

漢方薬について

漢方薬は薬と違って、長期間服用することで根本から治療するものです。副作用がないので安心です。

紫胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)

精神的な不安やいらいらによる不眠に効く漢方薬です。高血圧や胸のつかえ、子供の夜泣きにも効果があります。

加味逍遥散(かみしょうようさん)

体が冷えやすく、眠れない人に効く漢方薬です。便秘・肩こり・更年期障害にも効果があります。

甘草しゃ心湯(かんぞうしゃしんとう)

健康茶でも知られる甘草(リコリス)と半夏しゃ心湯を合わせた漢方薬です。不眠症による口内炎や胃弱などに効果があります。

加味帰脾湯(かみきひとう)

精神の疲労・いらいらによる不眠症、虚弱体質の人に効く漢方薬です。

本当に効く快眠グッズとは?

快眠グッズというと、高いもの・健康志向・手に入りにくいというイメージがあります。しかし、身近にあるものこそ、その人にとって本当に効く快眠グッズになります。

例えば本やCD、ぬいぐるみだってその人にとっては快眠グッズです。使わなくても側にあるだけで落ち着いたりするでしょう?目覚まし時計だって、目を覚ますことができるから安心して眠れる、お守り代わりになっちゃうんです。

本当に効く快眠グッズは実は誰でも持っているのかもしれません。


▲ ページの上部に戻る