体に優しい睡眠法

ストレス解消

ストレス解消というと、みなさんはどんなことが思い浮かびますか?

食べ物を食べたり、買い物をすることもストレス解消になりますが、ここでは心や体から外へ向かって吐き出すストレス解消法を紹介します。

ストレスが溜まったときに、すぐに実行できる解消法があると、心も体も代謝が良くなりますよ。

ストレスってなんだろう?

ストレス

ストレスは人間だけでなく、犬や猫などいろんな生き物にもあります。

人間のストレスには仕事・人間関係・環境の変化などがあります。ストレスとなる条件の受け止め方によっては、心や体に与える大きさや影響は変わってきます。

適度なストレスは脳に刺激を与え、目標を持ったり活動的にしてくれます。しかし、過度のストレスは心に負担がかかり、動きが鈍くなったり頭痛や疲労、耳鳴りなど体にも表れます。

ストレスマネジメントについて

ストレスがたまってくると、ストレスに対応するためにエネルギーを使い、ほかに使うためのエネルギーが減ってしまいます。そのため、どこかで睡眠を取るなど休息をとってエネルギーの補給をします。

エネルギーが残っていて、一部分にストレスが偏っている場合はストレス解消が役に立つのですが、全体的にエネルギーが減っている場合は、ストレス解消をしてもエネルギーを消耗するだけで、効果がありません。

このように、エネルギーのバランスを取ることを「ストレスマネジメント」といいます。

ストレス解消法

たまったストレスを解消するには、いろんな方法があります。いらだった神経を鎮めたり、お金を使ったり。

自分に合ったストレス解消法を見つけておくと、気分転換になりますね。

癒す

ペットをなでる・いつもと違う道を歩く・深呼吸する


消費活動

食べ物を食べる・買い物をする


発散する

カラオケに行く・運動をする・ゲームをする・おしゃべりする


ストレッチをする

ストレッチ

ストレッチをすると硬くなった筋肉をほぐしたり、深い呼吸で気持ちを静めることができます。ベッドの上でも床の上でも楽な姿勢で行います。

体にも心にも良いのでちょっとだけ体をゆるめてみてください。

簡単なストレッチ

  1. 寝そべった状態で、手を上、足を下に向けてぐーっと伸ばします。すっと力を抜きます。
  2. 肩をぎゅーっと上に持ち上げ、ゆっくり5秒数えます。すっと力を抜きます。
  3. 膝を立てて左右にねじります。20〜30秒繰り返します。
  4. 足を軽く開いて足首を左右にぷらぷらさせます。

手紙を書く

手紙

昔から友達に手紙を書いているのですが、書きながら自分の気持ちを整理していて、相手に出すというより、自分宛てに出している感覚でした。近況報告をしているつもりが書きながらストレス解消になっているみたいです。

手紙の相手は自分だって構わないんです。聞いてくれる相手がいるつもりで、日頃思っていることをぶつけてみます。ただし、嫌な言葉を使ったあとは、破って捨てるとか「○○ってこうだよね」「けれど○○だよね」とその場で打ち消すようにします。自分の気持ちを形にするだけで随分違います。

自分の感じたことというのは、感じたという事実として誰かに伝えたくなりますよね。思っていることを形にするって、自分の気持ちを受け止めることなんですよね。

睡眠に良いツボ

針灸で知られるツボです。お家ではもみほぐしたり、じっくりと押さえたりします。じわじわと体が温まってきたり、軽くなるのがわかります。

百会

頭の前後左右から見て中央にあるツボです。万能ツボと呼ばれ、頭痛やめまいなど、眠れないときの不快な症状を和らげてくれます。

安眠

耳の後ろのとがった骨から指1本分下にあるツボです。その名の通り、睡眠に効きます。

膈愈(かくゆ)

肝愈(かんゆ)

かく愈は胸椎の7〜8番目、肝愈は9〜10番目、左右に指2本分外側にあるツボです。消化器系・呼吸器系に効くツボで疲労を取ります。

少衛(しょうしょう)

手の小指の爪、付け根親指側1分のところです。苛立った神経を鎮めます。

三陰交

くるぶしから指4本分上の位置で、脛の近くにあります。体を温め、ホルモンのバランスを整えてくれます。

失眠

足裏の踵の中央に失眠というツボがあります。眠れない人に効果があるツボです。

湧泉

足の裏の上から1/3の中央、へこんでいるところです。じっくり押すことで疲労回復します。


▲ ページの上部に戻る