体に優しい睡眠法

寝言について

寝言って、眠っている間のことですから、自分では判らないことが多いですよね。家族が聞いてたらどうしよう、と思ったり。あまりひどいと家族や社会との関係が悪化することも。寝言をいう人といわない人がいるとしたら、いわない人になってみたいです。そんなわけで、寝言についてお話します。

どんな寝言をいっているの?

睡眠

私はよく、自分の寝言で目が覚めます(笑)眠りが浅いので、自分が声を出しているというのが解るみたいです。でも、人の話では、眠っている人に声をかけると返事が返ってきて、会話が成立しているのに、応えた本人が気づいていないというのもありました。私は大抵、夢の中のことを発言しているのですが、眠りが深い人はどんな夢を見ていたか覚えていないので「そんなこといっていたの?」と不思議がります。寝言と夢の中は連動していると思うんですが…。

スポンサードリンク

寝言の原因

なぜ、寝言をいうの?

脳

寝言をいうのは、レム睡眠という浅い眠りのときです。浅い眠りのときは、脳が起きている状態で発言しやすいんです。特に言語中枢が起きていると寝言が出やすいんだとか。普段眠っているときは脳から指令が出ても体は動きません。しかし、ストレスがたまったり興奮状態になると、寝言をいったり行動になって表れます。

寝言に返事をしてはいけない?

寝言で人の名前を呼ぶことってありますよね。それで、つい声をかけたくなります。脳が起きている状態なので、そこに声をかけると、脳が休めなくなってしまうんです。別に夢遊病になるとか、魂と会話するとかではありません。脳を休ませるためにも、そっとしておいてあげてくださいね。

寝言は病気?

睡眠

別に一言二言なら問題はありません。でも、一晩中寝言をしゃべっている人も中にはいます。あんまり寝言をいっていて、家族も本人も疲れてしまう場合は、睡眠障害が考えられます。いびきや歯軋りがあれば睡眠時無呼吸症候群が考えられます。ほかにもレム睡眠行動障害・夜驚症・トラウマなどが考えられます。ナルコレプシーやうつ病の人の症状としても表れます。睡眠障害を専門にする病院で診察・治療を受けましょう。

考えられる原因

レム睡眠行動障害…レム睡眠のときに見た夢と連動した行動を取ることをいいます。自分では気づきにくいのですが、争う夢を見ることが多いので、どんな夢を見ていたかで発見できます。
夜驚症…眠ってから1~2時間経つと泣き出す症状です。脳の睡眠中枢がうまく調整できない子供に多く見られます。
トラウマ…過去に傷ついたことが心に残っているとき、夢でうなされて寝言として表れることもあります。
ナルコレプシー…日中強い眠気が襲いかかる病気で、発作のようにばったりと眠ってしまうこともあります。レム睡眠により、寝言をしばしば発します。
うつ病…何かの事情で生活環境が変わったり、悲しい体験をすることで心身に不調が表れます。眠れないこともよくあるため、眠りが浅くなって寝言を発することもあります。

ペットの寝言

犬と猫

猫もたまにむにゃむにゃ言って足をぴくぴく動かします。犬はいびきをかくこともありますよね。犬も猫も夢を見ているみたいです。そっとしてあげたいですね。でも、ペットにも睡眠障害があって、いびきが大きかったり、突然暴れだしたりすることもあります。ストレスや肥満などが原因です。病院で診察を受けて、大切な睡眠を守ってあげましょう。

スポンサードリンク

寝言を防ぐには?

このように寝言って眠りが浅いときに起こるんですね。寝言をいっている人がいたら、病気ではなくても「眠れてるのかな?」「疲れてるのかな?」といたわってあげてください。深い眠りを得て、脳を休ませることが寝言の予防法です。リラックスするには、睡眠を取る環境を整えて、ストレスを少なくする工夫をします。心の面からも外からの面も眠りやすいように整えましょう。