体に優しい睡眠法

昼寝について

効果的な昼寝のとり方についてお話します。

小さい頃はよく、眠るのが仕事だといって昼寝をしていました。それは、昼と夜の区別がつきにくいからなんですね。昼寝は子供だけでなく、働き盛りの人やお年寄りにも効果があります。

勉強や仕事を効率的に作業するためには、昼寝の効果を理解すると作業効率がアップしますよ!

昼寝ってなんだろう?

ごろ寝

スペイン・イタリア・南フランスなどでは「シエスタ」といって昼寝を当たり前にしている国があります。家で昼ごはんを食べたあと、2〜3時間昼寝をして夜遅くまで活動します。

お昼ご飯を食べてお腹がいっぱいになると、睡眠を促すセロトニンという物質を作り出しますし、食事の中には、たくさんの睡眠を促す成分が含まれています。ですから、午後1時頃になると脳は自然と働きが鈍くなります。

昼寝をして脳を休ませるのはとても良いことなんですね。

昼寝の効果

昼寝というのは、社会に出て働いている人なら引け目を感じたり、マイナスのイメージがあるかもしれません。しかし、昼寝は脳をリラックスさせてくれます。タクシーやトラックの運転手が車を止めて昼寝をしているのをよく見かけます。

睡眠不足の人だけでなく、ちょっと昼寝をするだけで失敗が少なくなったり、右脳が活性化する効果があり、仕事がはかどります。日本の会社ではまだまだ昼寝を義務付けているところは少ないでしょうから、ほんのちょっと目を閉じる癖をつけてみてはいかがでしょうか。

「ちょっとうとうとする」これをこまぎれ睡眠といいます。昼寝・仮眠・うたたね・居眠り・こまぎれ睡眠―これらを上手に3 日間取ると、午後の眠気が軽くなります。また、脳の老化によって寝つきが悪くなったお年寄りにも昼寝の効果はあります。

起きていても眠い、すぐに目が覚めるなど浅い眠りが多いお年寄りには、昼寝をとることで昼と夜の区別がつきやすくなります。

昼寝のとり方

昼食前にはコーヒーを

コーヒー

昼寝をしたはいいけど、起き抜けはぼーっとしてしまうのが心配ですよね。

コーヒーやお茶に含まれるカフェインは、眠気覚ましに効果があることで知られていますね。カフェインの効果が表れるのは、摂取してからおよそ30分後といわれています。すぐに効果があるわけではないんですね。

昼寝の前にコーヒーを取って眠りにつく、そして丁度目が覚める頃にすっきりするというわけです。コーヒーが苦手な人は紅茶やココアで試してみてください。

寝るときはうつぶせで

うつぶせ寝

うつぶせ寝健康法というのがあります。うつぶせで眠ると気道を確保でき、内臓や背骨に負担をかけません。

特に睡眠時無呼吸症候群の人やいびきが気になる人、肺炎の人などに効果的です。普段仰向けに寝ている人も、昼寝のときは机に向かってうつぶせになってみてください。

  

昼寝の時間帯

昼寝は一番眠い時間にとるのが一番効果的です。

昼寝が習慣になっている人なら問題ないのですが、普通の人が昼寝を取ろうとするなら、20分程度に収めます。なぜかというと、30分睡眠を取ると深い睡眠まで入ってしまいます。深い睡眠の状態からいきなり目を覚まそうとすると、みなさんがご存知の通り不快な状態になってしまいます。

また、昼寝の時間が長くなると夜眠れなくなってしまいます。

 

太陽の光を浴びる

太陽

昼寝から目覚めたら、まず太陽の光を浴びます。

日の光を浴びるとメラトニンという物質を抑制し、昼と夜の区別をつけます。「光療法」といって、特に昼夜逆転生活の人や時差ぼけの人など睡眠障害の人に効果があります。

歯軋り

昼寝

夜勤のある交代制勤務の人たちは、シフトによっては体内時計が狂って体調を崩してしまいがちです。しかし、夜少しだけでも眠るとか、ある程度の癖がついていると心配することはありません。

夜勤が始まる前に1時間、夜勤が終わったら1時間と、工夫をして仮眠を取ると体内時計が狂いにくくなります。


▲ ページの上部に戻る